anna-angel-p12

いつも一緒に♪


HP 【 Nana & Moomin 】 のお知らせ♪

ウエスティ Moomin (1994/08/07 生まれ)との想い出♪

忘れずにいたい事などを、のんびり綴りたいと思っています。

( こちらのBLOGは、ワン・ワン友達に関する話題のみ記載しています。 )

* Picture: Anna-Angel作 * (掲載許可済)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
左手の薬指が腫れている・・・
Moomin、左手をあげて歩いています。|||||| ̄□ ̄)
何???? どうしたの???? 
診てみたら、左手の薬指が、赤く腫れています。(>_<)
肉球の間も赤くなっています。
この所、あんよを舐め舐めしていて、見つける度に注意していたのですが・・・
知能犯のMoomin、私の視界から見えない所(廊下や和室等)へ行き、舐めていたのです。
ワンコは、限度と言うものが解らないので・・・困ったものです。
痒くなったら夢中で、血が出るまで噛んだり舐めたりします。(>_<)

病院へ行き診て頂きました。
ムーは、アトピー体質なので、すぐ肉球の間が赤くなります。(-_-;))
体にも、すぐ湿疹が出たりします。(-_-;))
酷くならないうちに、シャンプーをまめにしたり、Tea Tree Oil等を塗ったり、サプリを飲んだりして、
防いでいたのですが・・・・
やはりこの頃、老犬ということもあり、若い頃より、免疫力が低下しているのか治りが遅い気がします。
今までなら、短期間でこれ程酷くなることは、なかったのに・・・。(泣く)
ドクターのお話では、アトピーで、痒くて舐めているうちに傷がつき、そこから、菌が入り、
腫れてしまっているということでした。
左手だけではなく、4本とも、赤くなっています。
飲み薬と塗り薬で、様子を診る事になりました。
ガーン!|||||| ̄□ ̄) 強い薬を飲まないと・・・どうしても今の状態からは、抜け出そうにありません。
ステロイド剤の投与。。。嫌ですが、仕方ないです。(-_-;))
早く腫れが引き、赤みが消えて来ますように〜〜祈る思いです。

 

■飲み薬 5日分
(↑ 1錠は、すでに半分にして飲ませたので、4日分しか写っていません。)
・プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン剤 いわゆるステロイド薬)・・・日に2回 半錠
・タベジール(抗ヒスタミン剤)・・・日に2回 半錠

■塗り薬
二トラゼン(外用抗真菌剤)・・・日に2回塗る

---------------------------------------------------------------------------

アレルギーや炎症性の病気には、
・プレドニゾロン
・タベジール
良く使われますが、HDは、短期の使用の場合、何ら問題ないと言うのですが・・・
私は、やはり使いたくないという思いがあります。
ドクターは、痒いだけならいざ知らず、痛みが出て、足をつかないで、歩いているようでは、
やはり早く治してあげないと・・・と言います。
確かに・・・なのですが。 複雑・・・。(;_;)ううう
若い頃より、何でもすぐ悪化してしまうこの頃、しかたのないことなのですが・・・(-_-;))
今まで、なんとかお薬を使わずに来ていたのに・・・
ショックを隠しきれないです。(T_T)


●医者からもらった薬が解る
http://www.eminori.com/drug/

●薬辞典
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html


続きを読む >>
角膜損傷 完治!


Moomin、病院へ行きました。
治療していました左目角膜損傷、完治とのこと、ε-(´▽`) ホッです。
良かったぁ〜〜!!
今回は、傷が浅かったので、9月16日〜10月2日、16日間の目薬投与でした。
ステロイドの目薬を長期に・・・は、やはり不安があります。(-_-メ)
老人性の白内障で、目が少し曇って来ています。(T_T)
様子を診ている限り、ぶつかったりする事もなく過ごしていますが・・・
今回の傷も、何処で??なのか???
お目メをこすったりした際なのか??
お爪は、切った後に、電動やすりで丸くしているのに。
外での可能性として、土、葉や枝が??
お年を取ると機敏さにも欠けて来ます。(-_-メ)
今まで機敏に避けれていたものが、出来ないことも・・・(ノ_-。)
ゴーグルの使用、常にした方が良いのかなぁ???
悩む所です・・・。(T_T)
お耳が・・・・


Moomin、お耳が気になるらしく様子が・・・
病院へ行き診ていただきました。
軽い外耳炎になっていました。(T_T)
お耳に、お薬を入れていただきました。
軽いので、大丈夫とのこと! ε=(・o・*)ほっです。

角膜の傷は、良くなって来ているので、日に2回にするように!と言われました。ε=(・o・*)ほっ
今回のは、擦った感じで浅いので、治りは、以前より早いということです。
良かったぁ〜v(*'-^*)^☆

お耳もお目メも早く良くなりますように〜〜!お祈り☆彡 *.:*:.。.: (人 *)
角膜に傷が・・・
Moomin、左のお目メをショボショボさせていて、目やにが少し出ています。(T_T)
ティッシュで、取ろうとしたら、キャイン!と泣きました。(◎-◎;)!!ひゃ〜!
痛いの?? ビックリ!(@_@)
病院で診ていただきました。
角膜の表面に摺ったような傷が付いているということでした。ガーン!|||||| ̄□ ̄)
1月〜6月まで、角膜に傷をつけて、ず〜っと治療していて、やっと治った所なのに・・・ショックです。
う〜ん、どこで??? 走り回ったりしてないのに・・・。(T_T)
いつも傍でみていたのに・・・ショックです。(-_-;))
 


秩父湖でのお写真、ウィンクして撮れています。(-_-;))
この時、すでに????
気が付いていなかった。(*__;)☆\パシッ  いやん・・・(泣く)
ムーちゃん、ごめんねっ。 傍にいたのに・・・。



■今回頂いた目薬は、以前使用したのと同じ、
[音瀬殴鵐瀬泪ぅ轡鵝ΑΑ抗生物質入り目薬
D・E・X 0,1%点眼液T・・・ステロイド 
の2種類です。
´△箸眛に3回 同時にでは、なく少し時間をおいて点眼のこと!

ステロイド・・・ちょっと不安ありますが、ドクターは、長期に渡り使わなければ、何ら問題ないと
おっしゃるのですが・・・・(-_-メ)
早く治りますように・・・お祈り☆彡 *.:*:.。.: (人 *)
アロマを使った虫除け
虫が苦手な私は、春先から虫除けを使っています。
Moominにも、蚊・ダニ防止に、お体に、お洋服に、ベットにもシュッ!としています。
数年前まで、アロマ・エッセンシャルオイルを使って虫よけが出来ることは、あまり知られていませんでした。
お友達から教えて頂いたりして、ここ数年は、市販のではなく自分で作って使用してました。
近年ますます、有害性の心配される市販の虫除け剤は使いたくないという方の間で認知が急速に広まって来ていますねっ。

新聞でも取り上げられていたのでご存知の方も多いと思いますが、
薬局で売っている虫除けスプレー、ジェルには子供用でも、「ディート」という薬品が含まれているそうです。
「ディート」は元々、第二次世界大戦直後に、蚊を媒介にしたマラリア感染から兵士を守るためにアメリカ軍が開発したものです。
その後、市販の虫よけ剤にも使われるようになり、世界中で普及しました。
しかし近年ではその有害性が指摘されています。
傷口や唇などに触れた場合体内に取り込まれる上、使いすぎたり、他の薬品と併用すると神経障害などを発症することがあると言われています。
カナダなど一部の国では小さな子供への使用が厳しく制限されているそうです。
(◎-◎;)!!ひゃ〜! 私は、ず〜っと、アロマを使った虫除けを知る前は、使い続けていました。
奈々にもムーにも使ってました。(-_-;))

今年6月、国民生活センターがメーカーや行政に対し安全な使用方法・適切な使用量の表示や
安全性の検証に取り組むよう要望書を提出しました。
8月に厚生労働省が、生後半年以下の乳児には使わないよう使用上の注意に表示させる方針も
決めました。
子供でも大人でも、やはり有害性のあるものは、使わないにかぎります。
アロマでの虫除けが可能なら、なおのこと・・・そう感じます。

●虫除け効果のあるエッセンシャルオイル
・レモングラス・レモンユーカリ・シトロネラ・ゼラニュウムとラベンダー
・パルマローザ・コーンミント
・ペパーミントにも虫除け効果はあるそうですが、やや効果は弱いらしい。

又、アロマではないですが、アニマー湯を数滴垂らすのも効果ありだとお聞きしています。

  
【 ゼラニュウムのアロマが入っていた可愛い容器を利用して入れています。"^_^"】

●虫除けスプレー《作り方》
http://www.robin-s.net/aromatherapy/aroma-dogs.htm



今年は、
【インドの虫除け】 (「ニーム(Neem)」入り虫除け)というのを見つけました。
ニームは、ハーブの一種で、4000年以上も前からインドでは、使われている「天然の虫除け」らしいです。
「アカラス対策ブレンド」というのも興味ありました。

続きを読む >>
角膜の傷 完治


1月からずっと治療をしていました右目角膜損傷、やっと完治しました。ε=(・o・*)ほっ
一度傷を付け、治り掛けに又、傷を付け・・・治療が長引いていました。(T_T)
正直、治るのかしら??と不安に何度もなりました。
ほんとに、良かったぁ〜〜!!(┯_┯)うるる
白内障で、だんだんお目メも見えなくなっているので、注意しないと・・・
そう心新たに思いました。

ムーちゃん、頑張りましたねっ!(^o^)\(^^ ) ナデナデ
もう目薬、日に何度もささなくて、OK!ですよぉ〜☆彡
良かったねっ(^_-)-☆
角膜損傷治療
Moomin、角膜を損傷し治療が、続いています。
長期治療になると伺っていたのですが、なかなか治りが悪く、ちょっと心配になっています。/(-_-)ヽ
4月8日、今までの目薬を替えてみることになりました。



今回頂いたのは、
[音瀬殴鵐瀬泪ぅ轡鵝ΑΑ抗生物質入り目薬
D・E・X 0,1%点眼液T・・・ステロイド 
の2種類です。
´△箸眛に3回 同時にでは、なく少し時間をおいて点眼のこと!

ステロイド・・・ちょっと不安ありますが、ドクターは、長期に渡り使わなければ、何ら問題ないと
おっしゃるのですが・・・・(-_-メ)
早く治りますように・・・お祈り☆彡 *.:*:.。.: (人 *)

続きを読む >>
角膜の傷
Moomin、角膜に傷をつけて、目薬で治療していました。
長引いています。(T_T)
先日(3月10日)に目薬を替えて治療していましたが、どうも芳しくないのです。(泣く)
う〜ん、目薬をさすと、目をしばしばさせています。
痛いのかしら・・・??? とても心配です。(-_-メ)
今日、又目薬を替えて様子を診ることになりました。



今回頂いたのは、
[音瀬殴鵐瀬泪ぅ轡鵝ΑΑ抗生物質入り目薬
▲謄アリード・・・炎症を鎮める目薬
の2種類です。
,蓮日に3回 △蓮日に5回の点眼です。

早く治りますように・・・祈る思いです!!

続きを読む >>
お手々が・・・
  

Moomin、右の足先をカジカジしていたので、見たら、(◎-◎;)!!ひゃ〜!
血が出ていました。 赤くなり腫れています。(-_-;))
パパに診て頂き、消毒をしているところです。
(^^;)ツ アハハ 静かにしていますが、絶対見ません。(笑)
人間でも、注射を打つ時、怖くて見れない人がいますねっ。
同じお顔をしてるので、思わず苦笑いです。(≧m≦)ぷっ!
p(*^-^*)q がんばっ♪ ムーちゃん!



化膿止めの塗り薬を塗り、包帯を巻いています。
早く治りますように・・・お祈り☆彡 *.:*:.。.: (人 *)
「酵素」 について
Moomin、老犬になり、最近痩せて来てましたのでいろいろお食事に関して調べていました。
一般的に、老犬になったら、たんぱく質を少なく…と言われますが、
年をとっても良質のたんぱく質はきちんと食べさせた方が良いらしいです。
たんぱく質は、体内で分解され、アミノ酸になって、弱りやすい関節や、被毛、目など、
身体のすみずみまでの栄養となるといいます。
お食事は、 【 肉(6) 穀類(2) 野菜類(2) 】 の割合がベターという事です。
又、この繰り返しでは、元気なエネルギーは、長持ちしません。
バラエティー豊かな食事にすること(魚・乳製品・卵・果物等を使う)も忘れないようにしないとです。
毎日、同じものをくり返し食べることは、消化酵素を出す内臓を、働き過ぎにしてしまう原因に
なるそうです。
酵素がなくなると、何を食べても消化・分解することが出来なくなると言います。 
又、酵素は年齢と共に減っていくらしいのです。
酵素の減少は、「体内年齢の老化」にも繋がるといいます。
生命活動に不可欠な酵素(サプリ)も取り入れて、バランスの良い食事を考えてあげたいです。

ワンコは、自分でお食事の用意が出来ないので、飼い主がちゃんとしないと・・・ですねっ。
責任重大!!(◎-◎;)!!

---------------------------------------------------------------------

*「酵素」とは、生命を維持する上でもっと大切なものであり、栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪、
ビタミン、ミネラル)よりも大切と言われています。
食べ物からの栄養をエネルギーとして使ったり蓄えたりするためには、酵素を使って分解する必要が
あります。
他にも、細胞や臓器の健康を保つなど生命活動に欠かせないものです。

体内には大きく分けて2つの酵素が存在します。

・潜在酵素・・・人や動物が生まれながら体内に持っている酵素のこと(増やすことは、不可)。
・食物酵素・・・ 食物から摂取できる酵素
(食材と呼ばれる野菜や果物もそれぞれ自身の消化酵素を保持しています。)


*消化酵素 (プロザイム / エンザイム)
*エンザイム
↓こちらを参照
http://www.kitchendog.jp/nutrition.htm