anna-angel-p12

いつも一緒に♪


HP 【 Nana & Moomin 】 のお知らせ♪

ウエスティ Moomin (1994/08/07 生まれ)との想い出♪

忘れずにいたい事などを、のんびり綴りたいと思っています。

( こちらのBLOGは、ワン・ワン友達に関する話題のみ記載しています。 )

* Picture: Anna-Angel作 * (掲載許可済)
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
日本こけし館



【 「日本こけし館」前にある大きなこけしは、観光バスより背が高いのです!(☆o☆)ジィー! 】

「日本こけし館」
(宮城県大崎市鳴子温泉)
昔(明治から)の「こけし」や現代までの「こけし」が、展示されているとお聞きし、訪れてみました。
「こけし」は、東北地方にしかない民芸品という「文化財」だという紹介に、オッ!w(☆o◎)wでした。
「単純で素朴な形をしているこけし人形は、慎ましやかで、控えめで、奢らず、
そして微笑みを忘れません。 こけしは、まるで東北人の心そのものですねっ。」
なんて、日本こけし館の子ども用パンフレットに書いてありました。
昔(江戸末期)は、こけしは、木土師さん(お椀やお盆を作成する人)が、仕事の合間に、おもちゃを
買ってやれない自分の子どもの為に与えたのが始まりでないかと言われています。
今は、どちらかというと、おもちゃと言うより、大人の飾りものになっていますが・・・
私は、こけしは子供の頃、旅行に訪れて、お土産として買い求めた記憶が、あります。
こけしは、木製なので壊れることがなくて、ず〜っと飾られていて、(^^;)ツ アハハ
実家には、私が買ったこけし、まだありました。(笑)



館内には、ワンコは・・・なので、交替で見学を!と思っていましたが、
係りの方が、「おとなしく可愛いですねっ。 抱っこして見学、構いませんよ。」とおっしゃって下さいました。
「キャッ(^^*))((*^^) キャッ ムーちゃ〜ん、良かったねっ♪v(*'-^*)^☆」
何でも、ワンコで入れたのは、ムーが初めてらしいです。(^_^;)
光栄ですぅ。 ありがとうございました!m(__)m



「祈願こけし」
身長2m・体重?圈Γ儀遑菊生まれの女の子・まだ名前はないのだそうです。(*^m^*) ムフッ
願い事、希望をかいて「祈願こけし」に貼ると、叶うということです。
「こけし(子芥子)」は、京御所の祝人形の形式を用いていることから、
子供の健康な成長を願うお祝い人形として、大事にされているということです。
奥には、こけしの絵付体験も出来るコーナーがありました。
お時間があったら、是非体験してみたかったです。残念〜〜!(/_;)




こけし作りを間近で、見学も出来ます。
Moomin、興味津々で、真剣に観察していました。(*^m^*) ムフッ



ムーを見て、作家さんが、笑ってくれたのですが、人見知りのムー、
急にお顔をそむけて。。。m(*- -*)mス・スイマセーン!



こけしは、その場所によって、微妙に頭と体の大きさ、お顔、胴模様が違うのだそうです。
津軽系(青森県黒石市) / 南部(花巻)系(岩手県花巻市)/ 山形・作並系(山形県作並市)/
肘折系(山形県肘折)/ 蔵王系(山形県蔵王)/ 木地山系(秋田木地山)/ 弥治郎系(宮崎県弥治郎)/
遠刈田系(宮城県遠刈田)/ 土湯系(福島県土湯)/ 鳴子系(宮城県鳴子)と、
10系統にも分かれているらしいです。
それぞれに特徴があり、可愛いこけしが展示されていて、面白かったです♪v(*'-^*)^☆
一体ずつ手作りなので、作家さんによって、微妙にお顔も、胴模様も違い、なかなか奥深い感じでした。



こけしは、販売もされています。 たくさん種類があり、迷います。(*^m^*)
記念に、私も購入しました。



鳴子の作家さんのこけしを選びました
母へは、一般的な立ち姿のこけしを選びました。
私は、とても優しいお顔のペアのこのこけしが気に入りました。へへ
私が選んだこけしは、「ねまりこ」というこけしだと、店員さんが教えて下さいました。
東北の方言で、座る事を「ねまる」というのだそうです。 (^^;)ツ アハハ 全然解らないですねっ。
「ねまりこけし」 正座している子供のこけしなのだそうです。
(ё。ё)きゃは♪ 子どものこけしさんなのですねっ。 可愛いぃ〜♪(//∇//)

鳴子系(宮城県鳴子)は、胴が太く、頭との調和が良く安定感があるのだそうです。
胴模様は、菊を中心し、華やかなのだそうです。
頭は、特殊なはめ込み方式で、回すと、キイキイとなるのが特徴ということです。
私が購入しましたこけしさんも、鳴子系なので、頭が回ります。(*^m^*) ムフッ



こけし館は、高台にあるので、鳴子の景色が一望出来ました。
花渕山側の駐車場までの道すがら、斉藤茂吉の碑を見つけました。
茂吉も鳴子へ訪れていたのですねっ